宮城のニュース

<仙台フィル>グリーンプラザ来館3000万人祝い 熱演

コンサートで演奏する仙台フィルハーモニーの団員と男声合唱団

 仙台市青葉区の東北電力グリーンプラザの来館者が3000万人に達したことを記念したコンサートが7月30日、グリーンプラザのアクアホールで開かれ、約500人が鑑賞した。
 仙台フィルハーモニー管弦楽団員9人で構成する「ダテ・アンサンブル」が、アンダーソンの「舞踏会の美女」やチャイコフスキー「くるみ割り人形より 花のワルツ」などを演奏した。
 コンサートの最後には東北電力男声合唱団「ミッターゲッセンコール」の歌声に合わせ、男声合唱のための唱歌メドレー「ふるさとの四季」も演奏した。鑑賞した青葉区の無職阿部かついさん(75)は「メドレーはどれも懐かしい曲ばかり。自分のふるさとを思い出して涙が出そうになった」と話した。
 グリーンプラザの黒坂伸也所長は「今後も地域の憩いの場としてさまざまなイベントを開き、市民に愛される場所にしていきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月15日火曜日


先頭に戻る