宮城のニュース

<学童軟式野球>松岩小野球部が初V

松岩小野球部−小野田スターズ 3回表1死二、三塁、稲垣が右越えに2点二塁打を放ち、11−0とする

 第46回河北新報旗争奪県学童軟式野球大会(県野球連盟、河北新報社主催)は13日、宮城県石巻市の河南中央公園野球場で準決勝と決勝があり、決勝は松岩小野球部(気仙沼・本吉)が20−0で小野田スターズ(加美・玉造)に圧勝し、初優勝を果たした。
 松岩小野球部は一回に小野寺晶星(あきとし)の右越え適時二塁打などで4点を先取。二回以降も着実に得点を重ね、五回には軍司朱廉(しゅれん)のランニング本塁打などで7点を奪った。稲垣輝斗(きっと)は5回を投げて3安打無失点と好投した。

 ▽準決勝
松岩小野球部(気仙沼・本吉)/3−1/愛島ブレイブハーツ(名取)
小野田スターズ(加美・玉造)/8−7/レッツいわぬま(岩沼)
 ▽決勝
松岩小野球部
   44417=20
   00000=0
小野田スターズ
(五回コールドゲーム)
(松)稲垣−軍司
(小)鈴木、佐藤優、吉岡−高橋太、板垣颯

<投打に活躍の稲垣「こんなに活躍初めて」>
 松岩小野球部はエースの稲垣が投打で活躍し、チームを初優勝に導いた。打っては3安打4打点、投げては3安打無失点の成績に「こんなに活躍できたのは初めて」と満面の笑みを浮かべた。
 二、三回の2点打は「打った瞬間にバットの芯に当たったと思った」と言う会心の当たり。自信がなかった打撃を改善するため、砂入りの重いバットを使って毎日50回の素振りを続けてきたという。主戦としての役割もきっちりこなし、「頑張って練習してきてよかった」とうれしそうに話した。


2017年08月14日月曜日


先頭に戻る