宮城のニュース

花火鮮やか長沼染める 登米で3000発打ち上げ

見物客を魅了した長沼の花火

 「第30回記念ふるさと花火in長沼」が13日、宮城県登米市迫町の長沼フートピア公園であり、約3000発の打ち上げ花火が沼の水面(みなも)を彩った。
 「美しい長沼で、美しい花火を楽しもう」との趣旨で、地元の迫町青年会と長沼花火実行委員会が毎年お盆の時期に開催している。
 水中スターマインや、長さ200メートルを超える光のカーテン「ナイアガラ」に、訪れた見物客から歓声が上がった。市民らのメッセージとともに打ち上げる記念花火もあった。
 開会式で、伊藤義幸実行委員長は「地域の皆さんの協力で30回まで続けられた」と感謝の言葉を述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月15日火曜日


先頭に戻る