宮城のニュース

<秋季高校野球>地区予選あすから

 秋季東北地区高校野球宮城県大会地区予選は、中部地区が17日、東部、南部の両地区が19日に開幕する。北部地区は18日に対戦チームの抽選があり、26日に予選が始まる。
 4地区ともトーナメントで争い、それぞれ7校が県大会に進む。東部、北部は準決勝進出4校と敗者復活戦を勝ち抜いた3校、南部は決勝進出の2校と敗者復活戦で勝った5校が出場。中部は今夏の甲子園に出場した仙台育英が既に県大会出場の権利を得ており、2回戦突破の4校と敗者復活の2校が県大会に出場する。
 東部の石巻商、宮城水産、石巻北、気仙沼西の4校、南部の柴田農林、亘理、伊具の3校、北部の鹿島台商、涌谷、加美農の3校、一迫商と岩出山がそれぞれ連合チームで参加。南部の蔵王、柴田農林高川崎は部員不足で出場しない。
 県大会は9月16日から仙台市宮城野区のKoboパーク宮城などで行われる。


2017年08月16日水曜日


先頭に戻る