広域のニュース

東北の思い出お土産に Uターンピーク

見送りの家族に手を振って新幹線に乗り込む子どもたち=15日午後4時ごろ、JR仙台駅

 お盆を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュが15日、ピークを迎えた。東北各地から首都圏に向かう新幹線や高速道路は終日混み合った。
 JR東日本によると、東北新幹線は午後1時7分盛岡発東京行き「やまびこ48号」の自由席の乗車率が仙台駅で150%に達した。上りの新幹線の指定席は、ほぼ満席となった。
 JR仙台駅の新幹線ホームは荷物を抱えた家族連れなどで混雑した。福島県新地町の祖父母宅に帰省していた東京都中野区の小学6年目黒逢鈴さん(12)は「雨が続き、外でバーベキューなどができなかったのが残念」と話した。
 日本道路交通情報センターによると、東北自動車道上り線は午後3時50分ごろに栗原市の築館インターチェンジ付近で33キロの渋滞が発生した。


関連ページ: 広域 社会

2017年08月16日水曜日


先頭に戻る