宮城のニュース

加熱式たばこ「グロー」先行販売好調、10月全国展開へ

仙台市で先行発売された加熱式たばこ「グロー」

 英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が、加熱式たばこ「グロー」の全国発売を10月に始めることが16日、分かった。これまでコンビニエンスストアなど店頭での直接販売は宮城県全域と東京都、大阪府に限られていた。全国展開で先行する米フィリップモリス(PM)の「アイコス」に対抗する。
 グローは昨年12月の仙台市内での限定販売を皮切りに、今年7月上旬に宮城、東京、大阪に販売地域を広げた。さらに同月中旬には機器本体の販売地域をインターネットのオンライン限定で岩手、秋田、山形、福島など12府県に拡大した。
 関係者によると、BAT日本法人は仙台での販売から1年をめどに全国展開を検討。売れ行きが好調で機器本体の供給体制も十分に確立できたとして、時期を早めて10月からの全国販売を決めた。
 加熱式たばこは煙や灰が出ず、ヤニの汚れや衣服に付く臭いが軽減されるため、品薄状態が続くほどの人気を集めている。グローと同じく全国展開を目指している日本たばこ産業(JT)の「プルームテック」も加え、三つどもえの競争が激化している。


関連ページ: 宮城 経済

2017年08月17日木曜日


先頭に戻る