宮城のニュース

<甲子園>仙台育英3回戦へ 日本文理(新潟)に1−0

仙台育英−日本文理 7安打を許しながらも要所を締め、完封した仙台育英の主戦長谷川

 甲子園球場で開かれている第99回全国高校野球選手権大会第9日の17日、宮城代表の仙台育英は2回戦で日本文理(新潟)を1−0で下し、3回戦進出を決めた。
 仙台育英は二回、安打や犠打などで1死一、三塁とし、斎藤育輝の内野ゴロの間に先制。主戦長谷川拓帆が好投し、この1点を守り切った。130キロ台後半の直球とスライダーに切れがあり、要所を締めた。九回は2死一、三塁のピンチを招いたが、直球で空振り三振を奪って切り抜けた。
 計7安打を許し、再三走者は出したもののバックがもり立てた。六回2死二塁では、中堅への鋭い打球を佐川光明がダイビングキャッチし、チームを救った。先頭打者の出塁を許した七回は、三塁手鈴木佳祐、二塁手斎藤の好守で相手の進塁を阻み、右前に落ちそうな飛球を右翼手杉山拓海が好捕した。
 仙台育英は大会第11日(19日)の3回戦で、2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭と対戦する。


2017年08月17日木曜日


先頭に戻る