岩手のニュース

新たな出合い にゃんて幸せ 盛岡で市とNPO保護猫譲渡会

保護猫の飼い主を募った譲渡会

 盛岡市保健所で保護された猫の譲渡会が12日、盛岡市の商業施設「クロステラス盛岡」であり、子猫、成猫計5匹の飼い主を募集した。
 市保健所と里親募集型猫カフェを運営するNPO法人「もりねこ」が主催。保健所で面倒が見られない保護猫を市民ボランティアに一時的に預かってもらう「もりおかニャンとも幸せプロジェクト」の一環で、初めて譲渡会を開催した。
 職員らが来場者に、目の前に並ぶ猫の性格や健康状態を説明した。市保健所生活衛生課の岩崎ささ子獣医師(37)は「保健所が全ての猫を引き受けるのは難しい。一人でも多くの人が関わり、命を絶たれていたかもしれない猫が幸せになればうれしい」と話した。
 飼い主希望者は室内保育やワクチン接種に同意し、飼い方や保護猫の現状を学ぶ講習会に参加する必要がある。プロジェクトは6月に始まり、市民ボランティア9人が10匹を一時的に預かった。今回、その一部が譲渡会に並んだ。


関連ページ: 岩手 社会

2017年08月17日木曜日


先頭に戻る