岩手のニュース

宮古商(岩手)FJ級準V セーリング女子 インターハイ

 第20日は16日、和歌山市の和歌山セーリングセンター沖でセーリングが行われ、FJ級の男子は中村学園三陽(福岡)が2年連続9度目の頂点に立ち、女子は霞ケ浦(茨城)が2年ぶり2度目の優勝を果たした。
 420級の男子は霞ケ浦、女子は高松商(香川)がともに初制覇した。
 女子のFJ級で宮古商(岩手)が準優勝し、420級で宮古(岩手)が3位。FJ級の男子では宮古商が6位に入賞した。

(和歌山セーリングセンター沖)
 ▽男子420級最終成績 (1)霞ケ浦(茨城=蜂須賀、狩野、野口、岩村)22点
(霞ケ浦は初優勝)
 ▽男子FJ級最終成績 (1)中村学園三陽(福岡=倉地、深水、石川、小柳)20点(6)宮古商(岩手)52点
(中村学園三陽は2年連続9度目の優勝)
 ▽女子420級最終成績 (1)高松商(香川=長岡、森、多田、林)6点(3)宮古(岩手)31点
(高松商は初優勝)
 ▽女子FJ級最終成績 (1)霞ケ浦(茨城=鈴木、蓮、矢ノ中)8点(2)宮古商(岩手)17点
(霞ケ浦は2年ぶり2度目の優勝)


関連ページ: 岩手 スポーツ

2017年08月17日木曜日


先頭に戻る