宮城のニュース

<仙台市議会>元民進系などの5氏「市民ファースト仙台」結成

 仙台市議会の民進党系会派「市民フォーラム仙台」を離脱した木村勝好、安孫子雅浩、小野寺健、加藤健一の4氏と1人会派「輝く仙台」の柳橋邦彦氏が17日、市役所で記者会見し、新会派「市民ファースト仙台」の結成を表明した。岡部恒司議長に同日、会派結成届を提出し、22日に正式発足する。
 代表に就く柳橋氏は「5人は政党に属さない立場。市民が第一の市政を目指すことで考えが一致した」と結成理由を説明。今後、趣旨に賛同する議員の参加を募る考えを示した。郡和子新市長には是々非々の態度で臨むとした。
 トランプ米大統領が用いた「アメリカファースト(米国第一主義)」などを挙げ、「『ファースト』という言葉は受け入れられやすく、求心性がある」と命名理由を説明。小池百合子東京都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」との連携は否定した。
 市議会では5人以上の会派(交渉会派)は議会運営に直接参画できるが、「数合わせのため(の結成)ではない」と強調した。
 7月の市長選で5氏は、郡氏ではなく自民、公明両党が支持する対立候補を応援した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年08月18日金曜日


先頭に戻る