宮城のニュース

<南三陸町>町民憲章をアートに 作品募集

 南三陸町の住民団体「かもめの虹色会議」が、豊かな自然をうたう町民憲章を題材にしたアートコンクールの作品を募集している。
 町民憲章は2010年、合併5周年を記念して町民らが制作。海や山、里の特徴を本文に込めた。虹色会議は「自然をより豊かに感じられる個性的な作品に期待したい」と応募を呼び掛ける。
 コンクールは14年に始まり4回目。今回は、町が昨年表明した志津川湾のラムサール登録湿地の推進を町民の立場で応援する。
 憲章本文の(1)海のように広い心で 魚のようにいきいき泳ごう(2)山のように豊かな愛で 繭のようにみんなを包もう(3)空のように澄んだ瞳で 川のように命をつなごう(4)大きな自然の手のひらに抱かれている町 南三陸−の4節から題材を一つ選ぶ。A4判にイラストや貼り絵、写真で表す。
 タレントのさかなクンが審査に協力し、入賞者には町内の商店で使える商品券がもらえる。町内で作品の展示会も検討している。
 郵送先は〒986−0751南三陸町志津川上の山27の2、上山八幡宮内「みんなの町民憲章虹色アートコンクール」係。連絡先は0226(46)3453。31日までの消印有効。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年08月19日土曜日


先頭に戻る