宮城のニュース

<楽天>松井裕きょう1軍復帰へ

 左肩のけがで7月下旬に離脱していた東北楽天の松井裕樹投手が19日にも1軍選手登録される見通しとなった。梨田監督が18日、「状態に問題がなければ1軍に上げる可能性は十分ある」と話した。
 松井裕は7月27日に仙台市内の病院で「左肩大円筋付着部炎、部分損傷」と診断を受け、復帰まで約4週間とされていた。その後、8月12日からブルペンでの投球練習を再開。17日には負傷後初めて2軍戦に登板し、1回無失点だった。
 首脳陣は1軍昇格のタイミングについて、登板後の疲労や回復具合を考慮して最終判断するが、松井裕は「患部は問題ない。順調に回復してきている」と語り、19日の1軍復帰に意欲を示した。
 松井裕は今季、抑えとして43試合に登板し、3勝1敗、リーグ2位の29セーブ、防御率0.20を記録している。


2017年08月19日土曜日


先頭に戻る