宮城のニュース

<甲子園>仙台育英諦めず勝利 奇跡のセーフ

大阪桐蔭戦の9回裏2死、遊撃へのゴロで一塁にヘッドスライディングをする若山選手。一塁手がベースを踏む前に到達しセーフに

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で19日にあった全国高校野球選手権大会3回戦で、東北勢2校が鮮やかな逆転の末、8強進出を決めた。仙台育英は春の選抜大会覇者大阪桐蔭に九回逆転サヨナラ勝ち。盛岡大付(岩手)は済美(愛媛)を延長戦の末に破った。東北勢が見せた粘りの野球は聖地のファンを大いに沸かせた。
 仙台育英は驚異の逆転劇を演じた。九回2死走者なしから杉山拓海選手が中前打で出塁。すかさず二盗を決めると、渡部夏史選手が四球で歩かされて一、二塁に。続く若山壮樹選手の当たりは遊撃へのゴロ。万事休すと思われたが、送球を受けた一塁手がベースを踏み損ねて満塁に。途中交代の馬目郁也選手が中堅の頭上を大きく越える二塁打を放って試合を決めた。
 「夢のようです」と佐々木順一朗監督。宮城大会は延長再試合を含む厳しい戦いを勝ち抜いてきた。「九回の守備を終えてベンチに戻ってくる選手たちがこれ以上ない笑顔を見せていた。最後まで諦めていなかったから逆転できた」とナインをたたえた。
 盛岡大付は見事な一発攻勢だった。1点を追う九回、先頭の植田拓選手が中越えに本塁打を放って同点とすると、延長十回は無死二塁から林一樹選手の右前適時打で勝ち越し。さらに植田選手のバックスクリーンへの3点本塁打が出て済美を突き放した。
 五回に小林由伸選手の満塁本塁打で4点リードしたものの、直後に満塁弾を浴びて追い付かれる激しい打撃戦を制した。関口清治監督は「九回の攻撃前は逆転しようぜと選手を送り出したが、まさかという感じです」と選手の底力に驚きを隠さなかった。


2017年08月20日日曜日


先頭に戻る