宮城のニュース

<甲子園>仙台育英、大阪桐蔭下し2年ぶり8強

大阪桐蔭戦で9回裏2死満塁からサヨナラ勝ちを決め、喜び合う仙台育英ナイン(写真部・庄子徳通撮影)

 兵庫県西宮市の甲子園球場で開かれている第99回全国高校野球選手権大会は第11日の19日、3回戦が行われ、仙台育英が大阪桐蔭を2−1、盛岡大付(岩手)が済美(愛媛)を12−7で下し、準々決勝に進出した。仙台育英は2年ぶり、盛岡大付は初のベスト8入り。
 仙台育英は0−1の九回、2死から好機を築き、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。盛岡大付は6−7の九回に本塁打で追い付き、延長十回に勝ち越した。
 準々決勝に東北の2校が進むのは、2015年の仙台育英と秋田商以来。聖光学院(福島)は広陵(広島)に4−6で惜敗し、8強入りを逃した。
 20日の準々決勝で、仙台育英は広陵、盛岡大付は花咲徳栄(埼玉)と対戦する。


2017年08月20日日曜日


先頭に戻る