秋田のニュース

在宅医療、アプリで支援 看護師の負担軽減図る 秋田大が開発

患者の健康状態がチェック項目式に整理されたアプリ

 秋田大は、在宅医療に携わる看護師の負担軽減を図るタブレット端末用アプリと管理システムを開発した。2018年度の実用化を目指す。秋田県内は人口減と高齢化が急速に進む一方、地域医療体制や公共交通の縮小で在宅看護の需要が高まっており、看護師の労働環境改善とインターネットによる医療機関の連携強化を促す。
 秋田大大学院理工学研究科の水戸部一孝教授(人間情報工学)が、秋田市のシステム開発会社と連携し、県内の地域課題の解消を目指す支援事業の一環として開発した。
 アプリは、患者の洗体や栄養管理などの作業をチェック項目化して整理。体温や血圧の数値を入力すると自動でグラフ化する。カメラ機能もあり、患部の写真や動画を保存できる。
 入力した患者の健康状態はシステムで自動管理され、看護師の労務を軽減できる。蓄積したデータを県内外の医療機関に送信することで、情報共有による診療体制の拡充が期待される。
 水戸部教授は「高齢化がもたらす地域課題は新技術を生かせる好機。今後は人工知能などと組み合わせてサービスの幅を広げたい」と意欲を見せる。
 看護記録は従来、看護師が用紙に手書き後、パソコンに打ち直す必要があった。在宅看護の活用は全国的に増加が見込まれ、看護師の負担軽減が課題となっている。
 水戸部教授らは14〜16年度、アプリとシステムを秋田市内の在宅看護事業所に試験導入した。「事務処理の負担軽減になった」「時間が有効に使える」などと好評だったという。
 今後、希望する事業所に無料でタブレットを貸し出し、アプリとシステムを使った意見を参考に改善を重ねる方針。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2017年08月20日日曜日


先頭に戻る