宮城のニュース

<仙台東西線>地下鉄の「秘密」見つけた 車両の検修場など見学

仙台市地下鉄の荒井車両基地で台車などを見学する子どもたち

 開業30周年を迎えた仙台市地下鉄に一層親しんでもらおうと、地下鉄の舞台裏を見て回るイベント「わくわくトレイン」が20日、関連施設であった。
 小学生の親子連れなど約100人が参加した。仙台駅では、切符の券売機の裏側や、各駅に設置された防犯カメラのモニターが映し出される管理室などを見学した。
 仙台駅から東西線の臨時列車に乗車し、荒井駅(若林区)に隣接する車両基地に向かった。基地では線路の軌道車に乗ったり、車両の点検整備を行う検修場で作業工程の説明を受けたりした。
 若林区の七郷小1年金野心春さん(6)は「初めて見る物ばかりで、とても楽しい」と笑顔だった。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月21日月曜日


先頭に戻る