宮城のニュース

<壇蜜さん動画>投稿サイトから削除へ 宮城県、26日のイベントで区切り

伊達政宗騎馬像に「むねりん」と寄り添う壇蜜さん。政宗像が顔を赤らめる演出もある
玉手箱を掲げて宮城への旅をPRした壇蜜さん

 タレントの壇蜜さん(横手市出身)が出演する仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会のPR動画について、制作を担当した宮城県が近く投稿サイトから削除する方針を固めたことが20日、分かった。推進協議会が「伊達な旅」夏キャンペーン(7〜9月)の一環として、26日に壇蜜さんを招いて開催するイベントを区切りに配信を停止する見通しだ。
 動画(2分37秒)は壇蜜さんが伊達家家臣の子孫「お蜜」に扮(ふん)し、県の観光PRキャラクター「むすび丸」と旅する物語。キャンペーンのテーマ「涼(りょう)・宮城(ぐうじょう)の夏」を前面に仙台の街並みや松島などの名所をアピールしようと、7月5日に投稿サイト「ユーチューブ」で公開された。
 壇蜜さんが牛タンやずんだ餅を妖艶な言い回しで紹介するシーンなどが反響を呼び、動画再生回数は300万回を突破。一方で「性的な表現が不快」「税金を使うべき動画ではない」との批判も相次いだ。
 宮城県議会の野党4会派や女性団体などは相次いで配信停止を県に要請し、奥山恵美子仙台市長も「品位を欠くと言われてもやむを得ない」と指摘した。
 仙台市内で26日にあるイベントでは、主演の壇蜜さんを交えて動画のストーリーを締めくくる演出が予定されている。県は、同日をめどに動画配信を取りやめる方向で調整中。公開継続に否定的な世論も考慮したとみられる。
 推進協議会会長の村井嘉浩知事は7日の定例記者会見で「一般世論は8割ぐらいが評価している」と反論したが、7月24日の会見では壇蜜さんの関連イベントに触れ「もう少し様子を見たい。意地を張り、何が何でも削除しないつもりもない」と見直しに含みも持たせていた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月21日月曜日


先頭に戻る