宮城のニュース

女川の小中学生が「しごと発見ツアー」

女川魚市場を見学する参加者ら

 女川町の小中学生が町内の事業所などを見学する「しごと発見ツアー」(県東部地方振興事務所主催)が10日、開かれた。
 女川小、女川中の児童生徒計14人が参加。町中心部のテナント型商店街「シーパルピア女川」に入居する店主へのインタビューや大型冷凍冷蔵施設「マスカー」の見学をした。魚市場では町職員の説明を聞き、入札の仕組みや衛生管理について学びを深めた。学習の成果は4グループに分かれて壁新聞にまとめた。
 女川中1年多沢泰椿(たいち)さん(12)は「夢を実現させ、目標を持って働く大人たちの話に刺激を受けた。自分も見習いたい」と話した。
 同ツアーは、地元産業への理解を深め、地域の将来を担う人材を育てようと本年度初めて実施。8日には東松島市で行い、秋には石巻市での開催も予定している。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月22日火曜日


先頭に戻る