宮城のニュース

<南東北インターハイ>縄(宮城東北)女子100バタ6位

女子100メートルバタフライ決勝 1分0秒53で6位に入賞した縄(東北)

 南東北インターハイ最終日は20日、宮城県利府町の宮城県総合運動公園総合プールなどで水泳が行われ、競泳100メートル平泳ぎの女子は世界選手権代表の今井月(るな、愛知・豊川)が1分8秒68で優勝、男子は宮本一平(埼玉栄)が1分1秒09で勝ち、ともに200メートルと合わせての平泳ぎ2冠に輝いた。
 100メートルバタフライの女子は新野杏奈(愛知・豊川)が59秒07で優勝し、縄怜奈(宮城・東北)は1分0秒53で6位に入賞した。学校対抗の男子は日大豊山(東京)、女子は埼玉栄が制した。
 男子高飛び込みは西田玲雄(大阪・桃山学院)が619.95点で2連覇した。水球決勝は金沢工(石川)が15−12で秀明英光(埼玉)を下して2年連続3度目の頂点に立った。
 来年は三重、愛知、静岡、岐阜の東海4県を主会場に開催される。

(宮城県総合運動公園総合プール)
 【男子】
 ▽100メートル平泳ぎ決勝 (1)宮本一平(埼玉栄)1分1秒09
 ▽100メートルバタフライ決勝 (1)大園悠生(大阪・太成学院大高)53秒20
 ▽800メートルリレー決勝 (1)日大豊山(東京)7分29秒28
 ▽男子学校対抗得点 (1)日大豊山(東京)179
(日大豊山は6年ぶり8度目の優勝)
 【女子】
 ▽100メートル平泳ぎ決勝 (1)今井月(愛知・豊川)1分8秒68
 ▽100メートルバタフライ決勝 (1)新野杏奈(愛知・豊川)59秒07(6)縄(宮城・東北)1分0秒53
 ▽800メートルリレー決勝 (1)埼玉栄8分7秒27=大会新
 ▽女子学校対抗得点 (1)埼玉栄216
(埼玉栄は2年ぶり2度目の優勝)

<縄「全国のレベル高い」>
 競泳女子100メートルバタフライで、3年生の縄が6位入賞。タイムは1分0秒53で自己ベストだったがメダルには手が届かず、「改めて全国レベルの高さを知った」と話した。
 予選は9位と0.01秒差でギリギリの通過。決勝は前半こそ先頭集団に食らい付いていたが、ターンの後は次第に離されて順位を落とした。
 元々は自由形の選手。バタフライは今春から挑戦している。全国6位という結果には手応えを感じた様子で「今後は他の種目にも挑戦してみたい」と意欲を語った。


2017年08月21日月曜日


先頭に戻る