宮城のニュース

<サン・ファン号>来年8月めどに展示方法の結論

 宮城県議会は21日、6常任委員会を開いた。環境生活農林水産委で、県慶長使節船ミュージアム(石巻市)にある復元船サン・ファン・バウティスタ号の老朽化について「今後のあり方検討委員会」を今月下旬に初開催し、1年後をめどに結論を出す方針が示された。
 検討委で復元船の展示方法や3次元データの活用、誘客促進策などを協議する。後藤康宏環境生活部長は「財源確保策も含め、展示の可能性を幅広く議論したい」と話した。
 文教警察委では、2018年4月に気仙沼高と気仙沼西高を統合し、新設する学校の名称を「気仙沼高」とする案が報告された。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月22日火曜日


先頭に戻る