宮城のニュース

木造アパートで放火か 玄関前に焦げた紙片 長町2丁目

 22日午前2時20分ごろ、仙台市太白区長町2丁目のアパート「コーポA」(木造2階)の2階通路から出火、無職長屋春雄さん(72)方の玄関ドアが一部焼けた。けが人はなかった。
 消防署員が約15分後に鎮火を確認。長屋さんは1人暮らしで、就寝中だった。
 仙台南署によると、ドアにある郵便受けが黒く変色し、近くに焦げた紙片があった。同署は放火の疑いがあるとみて原因を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月22日火曜日


先頭に戻る