宮城のニュース

<楽天>藤平・安楽 連敗脱出へ意欲

ロッテ3連戦に向けた練習で一息つく安楽(左)と藤平=21日、コボパ宮城

 連勝を止めるだけでなく、願わくば最下位ロッテに全勝したい3連戦。「チームが苦しい時だからこそ若者が競い合って結果を出してくれれば、チームにいい流れが生まれる」。与田投手コーチは藤平、安楽の若きドラフト1位コンビに大きな期待を託す。
 まず連敗を6で止める役割を担うのが初戦に先発する藤平。「自分の試合で連敗を止める」とやる気十分だ。6月中旬のプロ初先発を皮切りに2度の先発で、5回2失点、6回2失点と首脳陣が期待した以上に好投した。だが打線の援護がなく結果は2連敗。今回は、今季の高卒新人で一番乗りとなるプロ初勝利の期待もかかり、「最高の投球で勝利に導きたい。それが自分にもチームにも一番」と闘志を燃やす。
 第3戦先発は安楽。今季は開幕直前に負傷離脱し、6月中旬に復帰したものの、ここまで1勝3敗と納得のいく成績を残せてはいない。それだけに、17日西武戦で強力打線を7回無失点に封じた好感触を持ったまま迎え、意欲満々だ。
 「藤平と美馬さんが2連勝で自分にマウンドをつないでくれると信じている。自分が3連勝でチームに勢いをもたらしたい」。開幕前は則本、岸に続く先発3本目の柱と期待されていただけに、「今回以降、先発したら全部勝つつもりでいく」と奮闘を誓う。(金野正之)


2017年08月22日火曜日


先頭に戻る