宮城のニュース

<郡仙台市長>稲葉副市長が31日付で辞職 当面は2人体制

稲葉信義副市長

 仙台市の稲葉信義副市長(69)が22日、郡和子市長に辞職願を出し、了承された。31日付で辞職する。伊藤敬幹(60)、藤本章(63)両副市長も進退伺を出したが留任が決まった。当面は副市長2人体制となる。
 郡氏が就任会見で明らかにした。稲葉氏は「奥山恵美子前市長と一緒に退きたい」と10月15日の任期満了前の辞職を望み、郡氏の慰留にも翻意しなかったという。伊藤、藤本両氏には「私一人では(市政運営が)難しいので助けてほしい」と慰留し、両氏から承諾を得た。
 郡氏は副市長3人体制を維持する方針だが、稲葉氏の後任人事は未定。

【動画】郡仙台市長 就任初会見
http://www.kahoku.co.jp/movie/archive/2017/L5MmYSJ0RGw.html


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年08月23日水曜日


先頭に戻る