宮城のニュース

<ベガルタ>夏の一日 子どもたちと思いっきり駆け回る

「ベガルタ仙台の選手と遊ぼう!」で子どもと触れある選手たち=2017年8月22日、宮城県多賀城市

 ◆…J1仙台は22日、多賀城市西部児童センターで「ベガルタ仙台の選手と遊ぼう!」を開き、MFの奥埜、茂木、椎橋と、DF平岡の4選手が児童約120人と交流した。クラブのホームタウン活動の一環。
 約1時間にわたり、サッカーやバスケットボールで触れ合った。茂木が担当したサッカーのミニゲームに参加した同市山王小2年の井口敬太君(7)は「茂木選手は(体が)強かった」と話した。
 茂木は「暑い中で(一緒に)走り回り、元気をもらった。いい刺激になった」と笑顔を見せた。このほか、サイン会や記念写真の撮影も行われた。


2017年08月23日水曜日


先頭に戻る