青森のニュース

<ブラ十和田>ドレスやタキシードで貴族気分 歩いてグルメや穴場スポット探訪

バラゼミのメンバー(左)の案内で十和田市の官庁街通りを散策する参加者ら

 青森県十和田市中心部の隠れた魅力も知ってもらおうと、同市の団体「十和田バラ焼きゼミナール(バラゼミ)」は23日、「ご当地グルメ&アート探訪『十和田まち歩き5時間』」ツアーを開始する。これに先立ち22日、抽選で選ばれた6人を対象にキャンペーンツアーが開かれた。
 「貴族気分で街歩き」をテーマに、ドレスやタキシードに着替えて出発。バラゼミのメンバーがガイドを務め、市現代美術館や国登録有形文化財のカトリック十和田教会、市名物の十和田バラ焼きが味わえる食堂などを訪れた。
 市内のカフェでは、映画「八甲田山」のロケで滞在した故高倉健さんの好みのブレンドというコーヒーも味わった。
 ツアーの企画に当たりバラゼミのメンバーは、あまり知られていない名所も探索。昨年には旅行関係者らを招いたモニターツアーを実施し、意見を反映させた。
 参加した盛岡市の自営業桂倫子さん(50)は「十和田で行きたいと思っていた場所が回れるツアーだったので申し込んだ。とても楽しい」と話した。
 11月29日までの火、水、金、土曜日に開催。希望日の7日前までに申し込む。美術館の入館料や昼食代、保険料などを含め大人7000円、高校生以下6500円。連絡先はバラゼミ0176(25)7758。


関連ページ: 青森 文化・暮らし

2017年08月23日水曜日


先頭に戻る