秋田のニュース

<横手アパート火災>新たに1遺体 犠牲者5人に 横手署などが実況見分

アパートの入居者とみられる5人が亡くなった火災現場を調べる秋田県警の捜査員ら=23日午前9時40分ごろ、秋田県横手市南町

 秋田県横手市南町のアパート「かねや南町ハイツ」が全焼し、4人が死亡した22日の火災で、横手署は23日、1階の浴室から性別不明の1遺体を発見した。入居者の男性5人と依然連絡が取れておらず、同署は遺体が入居者の1人とみて身元の確認を進める。
 23日朝から消防と合同の約20人態勢で、実況見分などをした。崩れた建物の残骸をよけながら行方不明者を捜索し、被害の詳しい状況や出火原因を調べた。
 火災では男性1人が搬送先の市内の病院で死亡したほか、男性2人と性別不明1人の遺体が見つかっている。同署はいずれも連絡が取れない入居者とみて、同日朝から司法解剖を行い、身元や死因を調べている。
 同署によると、連絡が取れないのは菅原真作さん(58)、真田茂さん(61)、佐藤忠実さん(62)、山本昭太郎さん(78)、千田亮司さん(58)の5人。いずれもアパートの2階南側に住んでいた。

【動画】横手アパート火災(近隣住民提供)
http://www.kahoku.co.jp/movie/archive/2017/R76wTSKoUcM.html


関連ページ: 秋田 社会

2017年08月23日水曜日


先頭に戻る