福島のニュース

お待たせ!高原に夏の使者 ヒマワリ250万本見頃

大輪の花を咲かせたヒマワリ

 会津盆地の絶景が眼下に広がる福島県喜多方市熱塩加納町の三ノ倉高原で、約8.4ヘクタールに約250万本が育つ東北最大規模のヒマワリ畑が見頃になった。
 ヒマワリ畑は市が2012年から、積雪がない季節のスキー場有効活用策として整備。標高650メートルにある畑を4区画に分け時期をずらして種をまいている。
 今年は日照不足で開花が10日ほど遅れた。春に咲く菜の花の種を植える作業に入るため、ヒマワリが楽しめるのは9月3日まで。
 郡山市の牧師高野望さん(31)とジョイスさん(35)夫妻は「黄色の花が一面に広がり、とても華やかな印象を受けた」と感動した様子で話した。


関連ページ: 福島 社会

2017年08月23日水曜日


先頭に戻る