宮城のニュース

米国系不動産会社プロロジス 仙台で物流施設着工 ヤマト運輸に貸し出し

 米国系不動産会社プロロジス(東京)は22日、仙台市泉区の泉パークタウン工業団地内で、物流施設「プロロジスパーク仙台泉2」の建設に着手した。2018年8月の完成後、ヤマト運輸に専用施設として貸し出す。
 敷地面積は約6万5000平方メートル。鉄筋コンクリート一部鉄骨2階(事務所部分は4階建て)で、延べ床面積は約3万9000平方メートル。食品運送のキユーソー流通システム(東京)の専用施設「プロロジスパーク仙台泉」に隣接する。
 屋根付きのスロープがあり、2階部分には降雪時でも安全に通行できる。保冷庫を設け、多様な荷物に対応できる。非常用発電機を備え、災害時の事業継続性に配慮した。
 プロロジスが手掛けた物流拠点は東北で9カ所目、宮城県内は8カ所目。

ヤマト運輸の専用施設となる物流倉庫の完成イメージ


関連ページ: 宮城 経済

2017年08月24日木曜日


先頭に戻る