宮城のニュース

<にゃんとワンポイント>隙間作り移動自由に

クーラーの効いた室内でくつろぐ猫。熱中症対策には有効だが、部屋の冷えすぎには注意したい

◎猫の熱中症予防とクーラー病

 猫と人が快適に暮らすには、習性を学び理解してあげること。これが一番大切だと思います。
 以前も書きましたが、猫の祖先はリビアヤマネコだといわれています。砂漠地帯ですから、暑さに強く寒さに弱い特性があります。
 ただ、人が暑いと感じれば猫も暑いし、人が寒いと感じれば、猫もやっぱり寒いのです。ただ、猫は快適に過ごせる場所を探すことが得意です。
 暑いときには風呂場や玄関、廊下で寝ていたり、寒いときにはコタツの中やヒーターの前、ホットカーペットの上で丸くなっています。いつの間にかより過ごしやすい場所を求めていなくなってしまいます。
 猫は家の中のどこが今、過ごしやすいのか、よく知っているのです。昔から「暖かい場所と涼しい場所は猫に聞け」といわれるのも納得です。
 まだまだ暑い時季に、猫の後を追っていては、人が熱中症になってしまいます。気を付けましょう。
 気密性の高い現代の住環境では、猫も留守番時に熱中症になる可能性があります。予防策としてクーラーは有効です。ただ、涼しい部屋だけで過ごさせてしまうと、身体が冷えすぎて、体調不良(クーラー病)を起こすことがあります。寒いと感じれば移動できるように、部屋の出入り口に猫が通れる隙間を作ってあげましょう。
 決して暑いだろうからと、水浴びなどはさせないでください。猫は全身がぬれることを極端に嫌がります。シャンプーは禁止です。でも、猫がぐったりして身体が熱く口を開けて呼吸しているような場合は、熱中症の可能性があるので、すぐに水で体をぬらし、動物病院に連れて行ってください。
(伊達の街どうぶつ病院院長 伊東則道)


2017年08月25日金曜日


先頭に戻る