宮城のニュース

<楽天>梨田監督、続投の方向 星野氏が言及

 東北楽天が梨田昌孝監督(64)に来季も引き続き指揮を託す方向にあることが24日、分かった。星野仙一球団副会長が仙台市内で河北新報の取材に「最終決定は今後だが、来年もお願いすることになると思う」と見通しを語った。就任2年目でチームを躍進させた梨田監督の去就について、球団幹部が言及したのは初めて。
 チームは2013年以来のリーグ優勝争いを展開し、現在2位。首位ソフトバンクとのゲーム差は8.5に開いたが、昨年の5位から、13年以来となる球団史上3度目のクライマックスシリーズ(CS)進出が確実な状況となっている。球団は梨田監督の手腕を高く評価し、順位確定後に続投要請するかどうかを最終決定する見通しだ。
 梨田監督は00年以降近鉄、日本ハムで計9年間監督を務め、ともに就任2年目にリーグ優勝に導いた。今季は強力打線を擁して開幕4連勝でスタートダッシュに成功し、前半戦を首位で折り返した。24日現在で64勝41敗1分け。


2017年08月25日金曜日


先頭に戻る