秋田のニュース

<ねんりんピック秋田>186選手活躍誓う

ねんりんピックでの活躍を誓う選手たち

 秋田県内で9月9〜12日に開催される第30回全国健康福祉祭「ねんりんピック秋田2017」に出場する県選手団の結団式が24日、県庁であった。
 選手186人が出席。村井嘉浩知事が団長の鈴木隆一社会福祉協議会長に県旗を手渡した後、「豪雨で被害を受けた秋田が元気になるよう、活躍を期待します」と激励した。
 ペタンクに出場する選手団最年長の三浦安子さん(88)=栗原市=は「競技を始めて10年になる。練習の成果を発揮したい」と意気込みを話した。
 選手の平均年齢は67.6歳。ソフトボールや水泳、将棋など計25種目で競い合う。


2017年08月25日金曜日


先頭に戻る