宮城のニュース

恵みいっぱい 仙台・秋保の物産フェアにぎわう

秋保の特産品が並んだ物産フェア

 仙台市太白区秋保地区の特産品を集めた物産フェア「秋保ネイチャー・マーケット」が26日、泉区の商業施設「泉パークタウンタピオ」で始まった。27日まで。
 タピオ南館の特設会場には、ソーセージやスイーツ、ワイン、キッチン雑貨、総菜店、工芸品など11店が出店。秋保地区の観光PRブースや工芸品の絵付け体験コーナーも開設され、家族連れなどでにぎわった。
 フェアの代表幹事で、秋保ワイナリーのインフォメーションディレクター秋元崇宏さん(28)は「フェアは初めての試み。まだ小規模だが、今後も機会をつくり秋保の魅力を発信していきたい」と話した。
 フェアは、タピオが東北6県の魅力を掘り起こす目的で展開する企画「とうほくぶんのいち」の第3弾。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月27日日曜日


先頭に戻る