福島のニュース

市の公共施設敷地内禁煙に 郡山市・12月から

 福島県郡山市は25日、市の公共施設の敷地内を12月1日から全面禁煙にすると発表した。市役所や体育館、公園など計136施設にある喫煙所や喫煙スペースを撤去・廃止する。市によると福島県内の自治体で初めて。
 今月中に策定する指針に(1)市の公共施設(市道を除く)は敷地内禁煙(2)公用車内は移動中も禁煙−とする内容を盛り込み、12月の施行まで周知を図る。
 品川萬里(まさと)市長は同日の定例記者会見で「他人に『甘んじて受動喫煙してください』と言える権利はない。いろいろ考えがあるだろうが、趣旨を理解してもらいたい」と述べた。
 市によると、昨年9月時点の市職員の喫煙率は13.1%。県内では田村市が今年5月から、公共施設の建物内を全面禁煙としているが敷地内は含んでいない。


関連ページ: 福島 社会

2017年08月26日土曜日


先頭に戻る