宮城のニュース

<楽天>則本 力投144球実らず「悔しい」

5回日本ハム2死三塁、中田のゴロを一塁に悪送球し、5点目を許した東北楽天の遊撃手茂木(左)。右は先発則本(坂本秀明撮影)

 東北楽天先発の則本は、味方のミスに足を引っ張られながらも、8回5失点(自責点1)の力投を見せた。勝利に結び付かず、「野球はどんな形でも勝たないといけない。悔しい」と言葉を振り絞るように言った。
 一回に2失策が絡んで3失点。同点で迎えた五回は連続長打を浴びて1点を奪われた後、茂木の失策で痛い5失点目を喫した。
 しかし、八回まで今季最多の144球を投げる気迫の投球で、連敗脱出に向けたエースの責任感を示した。球を受けた足立は「則本は気持ちを切らさずやっていた。打撃で助けたかったが…」と無念そうだった。


2017年08月27日日曜日


先頭に戻る