宮城のニュース

<NPOの杜>社会とのつながり大切に

 NPO法人シャロームの会は、「どんな時も、あなたはそのままで素晴らしい存在です」を合言葉に、心の障がいのある方々の自立・就労支援を行っています。
 障害者雇用促進法の改正に伴い、徐々に障がい者を雇用する企業なども増えていますが、まだまだ十分とは言えません。地域や社会、一人でも多くの市民に、障がい者の働く現状を理解し関心を深めてもらうことが必要です。
 シャロームの会では、仙台市内四つの拠点でレストランや総菜店などを運営し、生きづらさを抱えた人たちの働く場を生み出してきました。単に生活するための収入を得るだけではなく、「社会とつながっている」という実感を得ることを大切にしています。
 今月8月には、仙台市青葉区愛子に、グループホームと生活訓練の場「オリーブ・ゆめの里」がオープンしました。新しい拠点には畑もあり、農作業などをしながら、規則正しい生活リズムを身に付け、就労に向けて準備をしていきます。また、地域の方々が集えるサロンや地域食堂も開催していく計画です。何より望んでいるのは、地域の皆さんに自分たちのことを理解してほしいということ。間もなく開くサロンで交流を!
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 庄司真希)


関連ページ: 宮城 社会 NPOの杜

2017年08月28日月曜日


先頭に戻る