宮城のニュース

<楽天>投打とも低調5連敗 釜田4回持たず

4回日本ハム無死、横尾に左越え本塁打を浴び天を仰ぐ東北楽天先発の釜田=2017年8月27日、コボパ宮城

 東北楽天は投打とも低調で5連敗となった。
 先発釜田は1点リードの三回、大谷の犠飛と中田、レアードの連続適時二塁打で3失点し、逆転を許した。四回には釜田が横尾にソロを浴び、2番手浜矢も西川の適時打で1点を追加された。打線は一回に先制した後、1−5の七回に代打聖沢の適時二塁打で1点を返すにとどまった。
 日本ハムは4連勝。七回途中2失点の上沢が4勝目を挙げた。

 東北楽天−日本ハム18回戦(東北楽天12勝6敗、16時、Koboパーク宮城、26,611人)
日本ハム003200000=5
東北楽天100000100=2
(勝)上沢11試合4勝5敗
(S)白村14試合1勝2敗1S
(敗)釜田11試合4勝3敗
(本)横尾1号(1)(釜田)=4回

☆イヌワシろっかーるーむ

<釜田佳直投手(四回途中5失点で降板)「三回は先頭に(打球が自分の脚に当たる)>
 内野安打を許してからピンチになった。抑えなくてはいけないという気持ちが、力みにつながってしまった」

☆梨田の話ダ

<ファンに申し訳ない>
 「(八、九回に)高梨、福山と勝ちパターンの救援陣を投入した。3点差以内でうまくいけば(逆転の展開もあるかと)思って。最後まで応援してもらったのに、ファンに申し訳ない」(思うように投打がかみ合わない展開を振り返って)


2017年08月28日月曜日


先頭に戻る