宮城のニュース

<北ミサイル>仙台二華高 グアム修学旅行変更

 北朝鮮による米領グアム沖へのミサイル発射計画公表を受け、グアム島への修学旅行を予定していた仙台二華高が行き先を変更し、仙台東高も見直しを検討していることが28日、宮城県教委などへの取材で分かった。
 仙台二華は普通科の2年生106人が、11月26日から4泊5日の日程でグアムを訪問する計画だった。今月25日にグアムの取りやめを学年集会で生徒に伝え、保護者に文書で通知。代わりの行き先は旅行業者と調整し、選定するという。
 仙台東は英語科の2年生39人が12月4日から4泊5日でグアムを訪問する予定だったが、今月中に行き先を変更するかどうか判断するという。
 仙台二華の佐藤誠教頭は「生徒の安全を最優先し判断した」と話し、仙台東の勅使瓦理恵教頭は「情勢を見ながら慎重に検討したい」との考えを示した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月29日火曜日


先頭に戻る