宮城のニュース

<楽天>先発塩見「初戦頑張って取る」

キャッチボールで調整する塩見

 東北楽天は29日から仙台市のコボパ宮城で3位西武との3連戦に臨む。チームは現在、5連敗中と苦しい状況にあるだけに、まずは連敗を止めて再浮上を図りたい。
 今カードで先発が予定されている塩見、美馬、安楽が28日、コボパ宮城で練習に汗を流した。29日の初戦に先発する塩見は約3週間ぶりの登板。チームが最近12試合で1勝11敗と大きく負け越していることに触れ、「ファームでは体全体を使った投球を意識し、その感覚をつかんで戻ってきた。初戦を頑張って取るしかない」と必勝を誓った。
 2、3戦目の先発が見込まれている美馬、安楽は球場のマウンドで捕手を座らせて投球し、入念に状態を確認した。西武には6連敗中で、1.5ゲーム差まで迫られている。与田投手コーチは「塩見は定期的な登板間隔ではなく難しい調整だったと思うが、投球に力強さが出ている感じがした。みんなで力を合わせて戦っていきたい」と語った。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年08月29日火曜日


先頭に戻る