宮城のニュース

登米の魅力再発見 観光フォトコンテスト開催中

写真投稿を呼び掛ける登米市観光物産協会のインスタグラムの画像

 県東部地方振興事務所登米地域事務所は、登米市を訪れる人を増やそうと「登米観光フォトコンテスト」を企画した。市の魅力を伝える写真を9月30日まで募集している。
 コンテストは「涼・宮城の夏in登米」「くいしんぼう(食)」「ヒストリーオブ登米(歴史)」の3部門。登米市の長沼のハス、明治村の風景などの写真が全国から寄せられている。
 11月に選考会を開き、最優秀賞には2万円相当の登米市の特産品、各部門のトップ賞に1万円相当の特産品を贈る。
 同事務所の担当者は「登米市の魅力を写真で伝えることで多くの観光客を呼び込みたい。市民に登米の良さを再認識してもらう目的もある」と話す。
 事業委託先の市観光物産協会の公式インスタグラム(写真共有アプリ)で投稿できる。連絡先は同協会0220(52)4648。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年08月30日水曜日


先頭に戻る