福島のニュース

<飯坂温泉>ホテル聚楽が開業50周年で式典

くす玉を割る川村さん親子(左側)

 福島市飯坂温泉の飯坂ホテル聚楽(じゅらく)は28日、開業50周年を迎えた。館内で記念式典があり、この日最初にチェックインをした宿泊客がくす玉を割った。
 運営会社の聚楽(東京)は1960年、老舗旅館だった角屋を買収。ホテル聚楽として67年8月28日、本格的に開業を始めた。2013年には併設の温泉施設「いいざか花ももの湯」もオープンさせた。
 28日の1組目の宿泊客は、仙台市青葉区の日本画家川村香月さん(25)と母の翻訳家りつ子さん(62)親子。宿泊券の贈呈を受けた2人は「とても光栄。(ホテル聚楽宿泊は)初めてなのに運がいい。炭酸泉などいろんな温泉があると聞いている」と2泊3日の滞在に期待を寄せた。
 このほか、事前抽選で選ばれた100人をランチバイキングに無料招待。ホテル聚楽の担当者は「おもてなし精神を忘れず、地域に根差したホテルとして進んでいきたい」と話した。


関連ページ: 福島 経済

2017年08月29日火曜日


先頭に戻る