福島のニュース

<グライダー墜落>仙台の男性救助、1人死亡

山中に墜落したエンジン付きグライダー=28日午前10時30分ごろ、福島市町庭坂の不動沢橋付近

 福島市大笹生の農道空港「ふくしまスカイパーク」を飛び立ったエンジン付きグライダーが27日に消息を絶った事故で、墜落した機体と搭乗していた2人が28日午前8時すぎ、同市町庭坂の山中で見つかった。うち東京都港区、公務員高木政基さん(66)は搬送先の病院で死亡が確認された。仙台市若林区中倉3丁目、会社役員及川慶治郎さん(62)は話ができる状態。
 機体は、吾妻連峰に通じる磐梯吾妻スカイラインの「つばくろ谷」に架かる不動沢橋近くで見つかった。自衛隊のヘリコプターが発見時、及川さんが旗を降って救助を求めていた。実況見分した福島県警によると、機体は右翼が切断され、左翼も折れた状態だった。
 運輸安全委員会は28日、航空事故調査官2人を派遣。事故調査官はスカイパークで同日午後、及川さんら2人が所属するグライダークラブ関係者から話を聞いた。機長席にいた高木さんが操縦していた可能性が高いという。
 逸見浩也主管調査官は取材に「(疲労など)機長らの体調が直接、事故につながったとは考えにくい」と話した。29日は現場で機体を調べる。
 県警によると、機体は「ホフマン式ディモナH36型」。27日午後1時10分ごろ、スカイパークを離陸し、約1時間で戻る予定だった。2人は「(吾妻連峰の一つ)吾妻小富士を見に行く」と言っていたという。
 捜査関係者によると、27日午後2時ごろ、つばくろ谷付近にいた観光客が低空飛行している機体を目撃。木に接触するような「ザ、ザー」という異音も聞いたという。


関連ページ: 福島 社会

2017年08月29日火曜日


先頭に戻る