広域のニュース

<北ミサイル>抗議の緊急声明 道県議長会発表 北海道・東北

 北海道・東北六県議会議長会は29日、秋田市で開いた会議で、北朝鮮の弾道ミサイル発射に抗議する緊急声明を発表した。
 声明は北朝鮮を「国民の生命、安全安心を脅かすこれまでにない深刻かつ重大な脅威」と強く批判。暴挙を繰り返させないようあらゆる措置を講じ、ミサイル発射時に実効性のある安全対策を実施することを政府に求めた。
 勝部賢志北海道議会副議長は「恐怖心と驚きを覚えた。早急に現状を把握することが重要だ」、会長を務める鶴田有司秋田県議会議長は「全国議長会などと連携し、国への要望活動を早急に進めたい」と述べた。


関連ページ: 広域 政治・行政

2017年08月30日水曜日


先頭に戻る