宮城のニュース

<放射光施設>18年度予算 新規要求事項に盛り込む 文科省発表

 文部科学省は30日、2018年度予算の概算要求を発表し、新規要求事項に次世代型放射光施設の設計調査費など4億4900万円を盛り込んだ。
 放射光施設の要求額は施設全体の設計調査費に4900万円、加速器の技術開発費に4億円。国が補助金を出し、量子科学技術研究開発機構(千葉市)が事業主体となる。
 建設地は未定。産学連携組織の光科学イノベーションセンター(仙台市)と東北経済連合会、宮城県の3者が、東北大青葉山新キャンパス(同市青葉区)を拠点とする地域構想を国に提案している。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月31日木曜日


先頭に戻る