宮城のニュース

登米移住のお試しを 体験ツアーで魅力探る

移住を検討する人向けの「お試し住宅」の中を見学するツアー参加者

 移住促進を進める登米市は8月26日、市内の観光地や農園などを巡る「第1回登米市移住体験ツアー」を実施した。
 千葉県我孫子市や仙台市から登米市への移住を検討中の3組4人が参加した。市職員の案内で、午前は同市の長沼のハスなどを見た後、移住を検討する人向けに市が用意した「移住お試し住宅」を見学した。
 昼食に同市の郷土料理「油麩(ふ)丼」と「はっと」のセットを食べた後、明治時代の建造物が並ぶ「みやぎの明治村」を観光し、農園ではトマトの収穫を体験した。
 仙台市泉区から来た元会社員桂川怜さん(35)は「登米市に来たのは、小さい頃に観光で訪れて以来。新規就農を計画しており、農業が盛んな登米市への移住を考えている」と参加した理由を話した。
 市は今後もツアーを開催する予定。連絡先は市移住・定住サポートセンター0220(23)8711。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月01日金曜日


先頭に戻る