岩手のニュース

<台風10号豪雨1年>一刻も早く家族の元に 県警など集中捜索

小本川河川敷での集中捜索=30日午前10時20分ごろ、岩手県岩泉町

 昨年8月の台風10号豪雨で行方不明になっている岩舘サツさん=当時(91)=の手掛かりを見つけようと、岩手県警と地元消防は30日、岩手県岩泉町の小本(おもと)川周辺で集中捜索を実施した。
 当時の目撃情報などに基づき、県警機動隊はゴムボート2隻で約2.5キロの区間を捜索。河川敷では岩泉署と岩泉消防署の署員が草をかき分けて遺留品などを捜した。
 同日の捜索は約60人態勢で実施。岩泉署はこの1年、月命日前後に小本川周辺で捜索を続けてきた。
 田島直樹署長は「被災者は台風10号の日から時が止まったように過ごしている。不明者を一刻も早く家族の元に帰してあげられるよう、強い信念で捜索を続けたい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2017年08月31日木曜日


先頭に戻る