宮城のニュース

<楽天>オコエがプロ初先頭打者弾 菊池の初球真っ直ぐ狙った

1回東北楽天無死、先制の中越えソロを放ち、三塁を回るオコエ(右)。左は真喜志三塁コーチ

 東北楽天のオコエが一回、プロ入り初の先頭打者本塁打を放った。打球は中堅手の秋山が目測を誤りそうになるほど高々と上がり、バックスクリーン右に飛び込んだ。
 菊池が投じた初球、148キロの直球を強振。リーグ屈指の左腕を相手に「真っすぐを打たないと手も足も出ない」と狙い通りに仕留めた。「上がった角度は良かったけれど、速度が足りなかった」と理想の打球ではなかったものの、豪快な一発だった。
 その後の3打席は2三振するなど凡退したが、奮闘は不振を極めるチームの光明だ。「個人の結果の積み重ねが勝利につながると思う。これからもチームのために打ったり走ったりしていきたい」と貢献を誓った。


2017年09月01日金曜日


先頭に戻る