福島のニュース

<福島第1>「気中工法」を正式提案 戦略プランを公表

 原子力損害賠償・廃炉等支援機構は31日、東京電力福島第1原発の廃炉に向けた「戦略プラン」の2017年版を公表した。1〜3号機の溶融燃料(燃料デブリ)取り出しについて、いずれの号機も原子炉格納容器に水を満たさない「気中工法」で、底にたまった溶融燃料の回収を先行させる方針を正式に提案した。
 国と東電は21年の取り出し開始を目標に掲げている。国は9月に改訂する廃炉の中長期ロードマップ(工程表)にプランの内容を反映させる。
 格納容器に水を張る「冠水工法」は、放射線の遮蔽(しゃへい)に優れるものの、水漏れを防ぐ補修工事の難易度が高く、現時点での採用を断念。滞留水位を調整したり水を掛け流したりしながら、溶融燃料を取り出す「気中工法」を提案した。
 アクセスルートに関しては、上方向からの場合、構造物撤去に時間がかかる一方、「横方向はこれまでの内部調査で一定の知見が得られている」などと評価。格納容器の側面から回収機器を挿入し、底部の溶融燃料から取り出しを始めるのが合理的と判断した。
 外部に拡散する恐れがある微粒子や破片状の溶融燃料を優先的に回収する必要性、コンクリートと混じり合った溶融燃料の調査を進める重要性も指摘した。
 国と東電は18年に最初に取り出す号機を決め、取り出し工法を確定させる。作業計画の策定などに当たって「地元や社会の理解を十分に踏まえることが肝要だ」とも提言した。


2017年09月01日金曜日


先頭に戻る