秋田のニュース

<由利高原鉄道>特注ヘッドマークで出発進行 野外フェス盛り上げ

野外フェスを盛り上げる特製ヘッドマーク(由利高原鉄道提供)

 由利高原鉄道(由利本荘市)は2、3の両日、由利本荘市の鳥海高原花立牧場公園で開かれる野外音楽フェスティバル「秋田 CARAVAN MUSICFES 2017」に合わせて、特製ヘッドマークを全列車の先頭と最後尾に装着して運行する。
 ヘッドマークはプラスチック製で、直径60センチの円形と60センチ四方の正方形の2種類。フェスの公式ロゴマークや、フェスを主催する横手市出身のシンガー・ソングライター高橋優さん(33)の似顔絵、ギターなどがあしらわれている。
 由利高原鉄道の春田啓郎社長は「フェスを機に、地域一丸となって由利本荘を盛り上げたい」と話す。
 フェスは昨年、高橋さんが地元を盛り上げようと、横手市で初めて開催。今年は高橋さん(2、3日)のほか、PUFFY(2日)BEGIN(同)スガシカオさん(3日)FLOW(同)ら各日7組のアーティストやお笑い芸人が出演する。


関連ページ: 秋田 社会

2017年09月02日土曜日


先頭に戻る