宮城のニュース

<自民党県連>村井氏支援を決定 富県戦略など評価

 任期満了に伴う知事選(10月5日告示、22日投開票)で、自民党県連は2日、執行部会を開き、4選を目指す村井嘉浩知事(57)を支援する方針を決めた。
 協議では、7月の仙台市長選に積極関与した村井氏の言動を懸念する声が一部から出たが、東日本大震災からの復興と富県戦略を進めた手腕を高く評価。復興完遂を掲げる4期目への選挙戦を支える方針でまとまった。
 県連は今月中旬に支援方針を正式決定し、下旬に開催する支部長・幹事長会議で態勢を固める見通し。県議会最大会派「自民党・県民会議」も、週明けに支援する会の設立を協議する。
 村井氏は2005年、同党推薦で初当選。09年の再選、13年の3選時は「県民党」を掲げて政党に推薦を求めなかったため、県連はいずれも支援に回った。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月03日日曜日


先頭に戻る