宮城のニュース

食と酒どっちも◎ 「伊達美味(だてうま)ウヰスキーフェス2017」

お酒を片手に食べ物を楽しむ来場者

 仙台・宮城のご当地グルメをつまみにお酒を楽しむ「伊達美味(だてうま)ウヰスキーフェス2017」が2日、仙台市青葉区の勾当台公園いこいの広場で始まった。3日まで。
 ニッカウヰスキー仙台工場の宮城峡蒸留所(青葉区)で造られたウイスキーやアサヒビールのほか、牛タン焼きや仙台マーボー焼きそば、「ミシュランガイド宮城2017特別版」で一つ星のフランス料理店「ナクレ」(同)の仙台牛ガーリックライスなどが会場に並んだ。
 青葉区の飲食店従業員斎藤武人(たけひと)さん(45)は「勤務明けにたまたま立ち寄った。お酒に合う食べ物を探すのが楽しい」と話した。
 仙台市などでつくる実行委員会の主催。3日は午前10時〜午後7時。


関連ページ: 宮城 社会

2017年09月03日日曜日


先頭に戻る